なぜ今越境ECなのか?


昨今猛威を奮っている新型コロナウィルスの影響で日本国内への海外観光客数は著しく減少し、小売業は非常に厳しい状況下に置かれています。
しかし、インターネット技術が進んだ現在、新型コロナウィルスの影響も相まり、国境を越えて自国以外の商品を購入する越境ECがさらに盛んになりました。
特に中国における越境ECの市場規模は年々拡大しており、2022年には約5兆円を超える市場へと拡大する見込みです。
中国からの越境ECによる日本からの輸入額は世界で一位となっており、今後日本における小売業は中国へ商品を販売することが必要不可欠となります。

 

 

中国は利用者数、市場規模ともに世界で1位ですが、注目すべきはEC利用者の人口割合。
利用者数はダントツで世界1位ですが、人口割合でいうとランク外の52位です。
この数字が今後も、中国のEC市場が成長していくという裏付けとなっております。